スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
海賊とよばれた男
2014 / 11 / 12 ( Wed )




2014年10月海賊と呼ばれた男



今更ってかんじですが

「海賊とよばれた男」 を 読み終えました 


文庫版が出たのが この夏なので ちょっと時間がかかって

読破(?) しました

作者の 百田尚樹さんは 大好きな作家さんですが

この小説は 男性向けな 感じがしました


出光興産という会社の 創業者の実話で

”すごい人” のお話だけど

すごすぎて 遠い… 

ちょっと 怖い…

雲の上の人 という感じ

私は もうちょっと 下界にいる人の話の方が いいなぁ 



本当に 雲の上の人と なってしまいましたが

3年前に亡くなられた 児玉清さんの

「人生とは勇気」 という本を 今、読んでいます

帯に 「心さえ大切に しっかりと 自分で 支えていれば、 

人生に 怖いものは 何もない。」

って 書いてあって

”人間の生きている場所は 各人の心の中なのだ。”

と、 文中にもあるのですが

今は 雲の上に逝ってしまわれた方から そんな言葉をもらうと

なんだか 涙が出そうになります

背中が ピンと伸びるような 気がしました

自分に恥ずかしいことはしない。 って 思いました

これって 武士道に通じるような? 気がします

児玉さんは サムライだったのかもしれませんね 







スポンサーサイト
12 : 21 : 06 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<開花宣言!? | ホーム | 映画 時代劇>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://breadfruit.blog91.fc2.com/tb.php/359-298c8d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。