スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
許されざる者
2013 / 09 / 18 ( Wed )


先日の3連休に 「許されざる者」を 見てきました 



許されざる者



あの クリント・イーストウッドの 許されざる者のリメイク版

私が覚えている分には ほとんど同じだと思います

大きく違うのは

舞台が 日本の北海道であることと 武器が銃か刀か という事


”ゆるされざる” って つまり人を殺めるということでしょうか?

私利私欲の為なのか 歴史的偶然のせいなのかで 

罪の意識は 大きく違うのでしょう

でも どんな意識であっても 罪悪感に後悔していても

食べていく為に(子供たちに 食べさせる為に)

ふたたび 人殺しに(復讐の賞金獲得に) 出かけて行く

ん~ ビンボウは 復讐の殺人に勝るのか… 


復讐という 一見正当な理由であっても

これも 殺人を依頼する という”許されざる” 行為? ですよね?


国家を背景に 個人の武力を威嚇の道具にしている

警察官は どうでしょう?

まだ何もしていない 容疑者(?)を ボコボコにする 

正義の皮をかぶった ”許されざる者”の一人


一筋縄ではいかない 人間模様の

残酷で 苦しい映画でした 


最後に わずかな希望が 想像できるシーンで終わったのが

救いだったかもしれません

現代に生きていなかったら

誰だって ”許されざる者”に なる可能性はあったと

思わされました

悲しすぎる 映画でした 



スポンサーサイト
19 : 16 : 52 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<秋の味!? | ホーム | マイ・ヒーローズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://breadfruit.blog91.fc2.com/tb.php/332-2b8139ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。