スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
芸術の春!?
2013 / 04 / 03 ( Wed )


先週末 天気予報が ”雨” と断言していたので

我が家にしては珍しく 「何かおもしろそうな映画はないか?」

という選択肢で 「プラチナデータ」 を見に行きました



プラチナデータ





大抵は 「この映画見たい!」 と 映画を見に行きます

原作が おもしそう 又は おもしろかった とか

この人が 出ているから とかなので

ほとんど 失敗感がないのですが

公開されている 映画の中から 選んで鑑賞すると

どうかな? なんて思っていたのですが

この プラチナデータは よかったです 

原作は 東野圭吾だったので お話はきっとおもしろいであろうと思ってはいましたが

予想に反せずで 原作も読みたくなりました 

にの (って呼び捨てていいのかしら?) も 豊川悦司も ステキでしたし

水原季子の 顔の小ささに ためいき 

おすすめできる 映画でした


そしてもうひとつ おすすめがあります

「空飛ぶ広報室」 です


空飛ぶ広報室




これは 最近読み終えた去年の本です

先週 ちょうど ブルーインパルスが本拠地の 松島基地に帰還したという

ニュースがあったので 私一人 ばっちりオンタイムでした

本編は 震災前の話ですが 2年前の震災を受け

本の発行を 1年遅らせて 追記した部分は 涙なしには読めませんでした

仕事だから の一言で片付けられない 「人道的」?な行動

人として 自分はどうなの?

いつものことではありますが 反省しかり

やっぱり 足りないことばかり 


大半の人がそうである と書いてありましたが 

自衛隊のことって 何も知らないんだな~ とも思いました


子供の頃からの 夢を 不慮の事故で 叶わなくなったときの

気持ちの切り替え って?

断腸の思い なんてもんじゃないでしょう

ほんの小さな自分の都合が かなわなくても

ぐずぐず引っ張る 文句を言う自分

はぁ~ 情けない 


こんな風に おのれを見るきかっけになったりする

1冊の本

やっぱり読書は やめられません 










スポンサーサイト
11 : 04 : 19 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガリガリ君 | ホーム | さくら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://breadfruit.blog91.fc2.com/tb.php/315-06beeaf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。