スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
HERO
2015 / 07 / 20 ( Mon )



HERO 見てきました 


2015年7月HERO1




2015年7月HERO2



テレビのドラマシリーズが 2001年にスタートしたんだそうで

約15年に渡って 2度目の映画


すごい キムタクファン じゃなくても

すごい ドラマ好き じゃなくても

よくできた お話と 主人公のキャラクターが

つい 見たくなる HERO


平々凡々な 自分の周りの 生活の中にでもある

理不尽な出来事とを

ドラマや映画の中と チョッピリ重ねて

一喝してくれる セリフに

勝手に 解釈、納得して すっきりしてる 

まあ 検事という 正義感いっぱいの人たちのセリフを 

自分の事は ちょっと棚の上に置いといて?

都合のいいように 聞いてますけど    


いわゆる 時代劇的な 最後は悪者がやっつけられる 

んで スッキリ という構図で

安心して 見ていられる 

HERO = 英雄 ですものね  


ただね 

この映画は クリスマス前の設定で

みんな コートやマフラーを着けていて 

猛暑日の中 日傘とタオルを握り締めて 

見に行った自分との 体温差に

ちょっと タイミングを変えて欲しかった

が、 本音です 







スポンサーサイト
12 : 03 : 35 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アリスのままで
2015 / 07 / 13 ( Mon )




ジュリアン・ムーアが アカデミー賞 主演女優賞を受賞した 

「アリスのままで」 見てきました



アリスのままで1



アリスのままで2




若年性アルツハイマー症 という病気になった 50歳の主人公が

とまどい 抗っていくストーリー

しかも 言語学者の教授 という肩書きを持っている キャリアウーマン

今までの努力が 全部無駄になっていっちゃう って 。。。

なんて悲しみ 


病気の進行を 恐れて 将来の自分へ 自殺の方法をPCに

残しておくのですが それさえも 忘れ、理解できなくなっていく

映画は 発症して自らが「?」 と 感じ始めるところから始まるのですが

当然 私は? と ずっと考えながら 見ていました

だって 物忘れはするし 人の名前は忘れちゃうし

「ほら! あの、あれ」 って ヒントになることを言って 

思い出してもらったり 気づいたり 

しょっちゅう 「あっ やばい!!」 って 走ったり、悔やんだり

毎日のように 反省、後悔で よそ様にも家族にも ごめんなさい が多くて 


映画を見た直後から オットが 「オレも おまえも ヤバイところがある」 と。。。

それ以降 勘違いした 会話のやり取りに必ず 「それって やばくない?」 って

フン っだ  お互い様でしょ 

と、 でも 正直笑っていられない 


身体の病気も もちろん怖いけど

頭や 心の病気のように 目に見えない病気も 怖い


ジュリアンのセリフに 

「ガンならよかった。 みんなに はげましてもらえて。 何より はずかしくないもの」

ってあって 

しかも ”老人” であれば 仕方ない事 と認識されるが

50歳 という若さだと 理解してもらえない

自分も どうしていいかわからない

何より それまで優しくて 理解し合い、尊重し合っていた

だんなさんが 仕事に逃げて (転勤を受けて 離れていく)

娘に 妻を任せる

やっぱり? そんな風になっちゃうんだー 


優しさの基準 みたいなものを 考えさせられました 

私が 病気になってしまったら どうする?

オットが そうなったら どうする?

どんな状況、状態になっても 人に必要とされる人であるでしょうか? と 








11 : 25 : 32 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。