スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
海賊とよばれた男
2014 / 11 / 12 ( Wed )




2014年10月海賊と呼ばれた男



今更ってかんじですが

「海賊とよばれた男」 を 読み終えました 


文庫版が出たのが この夏なので ちょっと時間がかかって

読破(?) しました

作者の 百田尚樹さんは 大好きな作家さんですが

この小説は 男性向けな 感じがしました


出光興産という会社の 創業者の実話で

”すごい人” のお話だけど

すごすぎて 遠い… 

ちょっと 怖い…

雲の上の人 という感じ

私は もうちょっと 下界にいる人の話の方が いいなぁ 



本当に 雲の上の人と なってしまいましたが

3年前に亡くなられた 児玉清さんの

「人生とは勇気」 という本を 今、読んでいます

帯に 「心さえ大切に しっかりと 自分で 支えていれば、 

人生に 怖いものは 何もない。」

って 書いてあって

”人間の生きている場所は 各人の心の中なのだ。”

と、 文中にもあるのですが

今は 雲の上に逝ってしまわれた方から そんな言葉をもらうと

なんだか 涙が出そうになります

背中が ピンと伸びるような 気がしました

自分に恥ずかしいことはしない。 って 思いました

これって 武士道に通じるような? 気がします

児玉さんは サムライだったのかもしれませんね 







スポンサーサイト
12 : 21 : 06 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蜩の記
2014 / 02 / 04 ( Tue )

PCの調子が悪くて 写真の処理ができず

ずっとご無沙汰でした すみません 


今日は 立春だというのに 今では本降りの雪になっています 

寒い一日となりました 




ひぐらしの記



蜩の記(ひぐらしのき)

3年前?の本になるのですが 文庫本になってやっと購入

またまた 泣きの本でした 


人間の器の違いでしょうか?

どうしたら こんな風に 物事を捉え、考えられるのでしょう?

”武士” という種類の人の 象徴的な人の話でした


国際的な競技会などで 「さむらい〇〇」とか 日本のチームを表現するけど

この本に出てくる方々とは 別物 

男の中の男 を思わせる主人公 戸田秋谷(とだ しゅうこく)は

自らの体を張って 守るべきものを守るのです


矜持(きょうじ)という プライドを強く持った

かっこいい人のお話です  

これが まぁ泣けて泣けて 


今秋 映画が公開する予定らしいです

これも 岡田准一君が出ているので

「永遠のゼロ」「NHK大河ドラマ」 に続いて

またまた 岡田君にはまってしまいそう 

秋谷役は 役所広司さんみたいですけど 

それも 納得 

今から 楽しみにしています

本屋さんで見かけたら ぜひ手にしてみてください 






18 : 10 : 39 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
清洲会議
2013 / 08 / 07 ( Wed )

本日 8月7日 暦の上では 「立秋」 だそうですが

どこが秋じゃ!! 

の 暑さです


でもぉ~ わたし 

どんなに暑い中でも 楽しめるのが 読書なんです 

家事が一段落した後や パンの発酵中、電車移動中に 

なくては ならない 


今日、さっき 読み終えてしまった本が

三谷幸喜著 「清洲会議」 です。。。

去年 ハードカバーで出版されていたのですが

背表紙の硬い本って 読みにくくてキライで (お高いし…)

文庫本になったので 早速購入、熟読 



8月7日清洲会議




日本史では 有名なエピソードではありますが

三谷力で 話をふくらまし 心の声を入れ

なおかつ ”現代語訳” という注釈を入れて

カタカナ言葉を使って おもしろおかしく書いています

大河ドラマでは 絶対描かれないだろう 人物像がたくさん出てきます

ゆえに 読みやすく 時間がこま切れにしか 読書できなくても

イライラせず 楽しめる本でした 


その前は 「県庁おもてなし課」 を読みました

「空飛ぶ応報室」の 有川浩さんの 高知県庁の話で

こちらも 読みやすく楽しめました 

たしか 映画化もしましたよね!?



原作がおもしろいと 映画化や ドラマになることが多いですけど

三谷幸喜の映画は ハズレがない気がして

とても 楽しみ 

配役も 気になる 

秀吉は?

勝家は?

公開は 本当に涼しくなった 「今秋」 11月です

今から 楽しみです 






12 : 40 : 08 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
空飛ぶ広報室
2013 / 04 / 08 ( Mon )


なんと 先日読んだと報告した 「空飛ぶ広報室」 って

ドラマ化されるんですね!?

先日 テレビでドラマのCM 見て びっくり

知らなかったとはい言え 「いまさらかよ!」 でしたね 

すみません 


ただ、主役の 空井大尉も 女性ジャーナリストの稲ピョンも(?)

ちょっと私のイメージと 違うんです…

原作読んだ方 いかがでしょう?


できるだけ 固定観念を持たないようにして ドラマ見てみようと

思っています


ドラマ化こそ 自衛隊の 最たる広報活動ですね

実際の広報室も さぞ楽しみにしているのでは?

な~んて 勝手に想像して 

ちがう角度でも 楽しみにしています 





11 : 36 : 17 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近の読書
2012 / 06 / 27 ( Wed )



最近 ちょっと 本離れしていたのですが

甥っ子に 貸してもらった本で また読み始めました 

借りた本が これです



夜行観覧車



湊かなえの 夜行観覧車

湊かなえ と言うと 「告白」を読んで 

気持ちが落ち込んで   ちょっと 暗くなっちゃったので

やや敬遠していたのですが こちらは 最後に救いがあったので よかったです


「他人の不幸を見なければ 実感できない幸せなど、本当の幸せと言えるのだろうか

 いや、言える。そうなってほしかった。」

という 一文があって

そんなぁ~ と思いながらも 自分のどこかにも 

そんな気持ちが 微塵も無いのかと言ったら ウソかもしれないとも

思ってしまいました 



そして 今読んでいるのが 


モンスター



百田尚樹の 「モンスター」

この方の 「永遠のゼロ」 に

本当に感動したので 是非読みたいと 

オットが 先輩からお借りして読んだ後

私も 読ませてもらっています  


永遠のゼロとは 全然違うジャンルで

戸惑いながら でも おもしろく読んでいます

読み終えたら 感想を報告いたします 




 




20 : 07 : 36 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。